草津八幡宮について
草津八幡宮草津八幡宮について夏越大祓・茅の輪くぐり神事 について

夏越大祓・茅の輪くぐり神事 について

夏越大祓とは


お正月から水無月(6月)までの半年間の心身の罪穢れを夏越の大祓・茅の輪くぐりによりを祓い清め、無病息災を祈る古式ゆかしき神事で、清浄さを尊ぶ私達日本人の良き風習であり伝統行事です。

本年の夏越大祓・茅の輪くぐり神事は、コロナ禍に鑑み、一般の方々のご参列をご遠慮いただき、神職のみで奉仕させていただく事になりました。但し、茅の輪は下記の期間、例年通り設置致しますので、ご自身で茅の輪くぐりをして下さい。
また、例年神事当日に授与しております「茅の輪守」は、茅の輪設置期間に授与致しますので、この期間にご参拝の上お求め下さい。
何卒趣旨をご理解の上、この夏越大祓期間にご参拝されますようご案内申し上げます。

  • 茅の輪設置期間 6月30日(火)~7月5日(日)まで
  • 設 置 場 所 草津八幡宮境内
  • 茅の輪守授与日 6月30日(火)~7月5日(日)午前9時~午後5時まで 【授与所にて頒布します】
  • 茅の輪守初穂料 1000円(一家に一体)【夏越飴付】

※期間に参拝が出来ない方は「人形」を6月28日迄に神社か記念館にお持ち下さい。後日「茅の輪守」と「夏越飴」をお送り致します。但し初穂料の他、郵送料500円お納め願います。

人形(ひとがた)について

大祓期間に参拝される方は「人形(ひとがた)」に氏名・生年月日をご記入の上、ご持参ください。(郵送案内の方)

尚、ご参拝できないご家族様の人形(ひとがた)は予め氏名と生年月日を記入し、身体を撫で、息を三度吹きかけて罪穢れを移していただき、当日一緒にご持参ください。(男女共白色の人形です)

人形(ひとがた)が足りない場合は神社の社殿前に設置しておりますのでご自由にお取りください。
(6月1日から7月5日まで)